« 「喜界島ナビ」 | トップページ | 奄美藩? »

2009/03/21

「ウミガメが教えてくれること」

 「ウミガメが教えてくれること」を観た。与論も産卵場所のひとつだし、海でよく会えるから、海亀は親近感いっぱいだ。

 でも、沖永良部の光景はすごかった。「沖永良部島ウミガメネットワーク」の方が案内して高台から下を覗くと、海亀の群れが見えるのだ。与論でもダイバーの人たちは見ているかもしれないけれど。珊瑚の窪みを使って寝ることも知らなかった。珊瑚礁とは相性がいいいわけだ。産卵の場所で台風を知らせることも知らなかった。

 日本の浜辺で生まれた海亀が太平洋を渡り、メキシコの海で成長し、ふたたび太平洋を横断して日本の浜辺に産卵にやってくる。その生態と数が少なくなっている背景を知り、メキシコの漁師が海亀がかからないように網を変えたり食べるのをやめたりしているのに驚かされた。

 海亀は産卵のとき涙を流す(ようにみえる)が、それは人間にそう見せることで昔から大切にされてきたのではないかと解説されていたが、そんな風に大切にしようと思わせる力が海亀にはあるのかもしれない。浦島太郎の物語しかり。

 元ちとせのナビゲーショjンは優しかったが、出演者としての彼女は島のアクセントそのままでしゃべっているのがよかった。「遠い海へ旅に出た私の友達」もいい感じだった。

Umigame

|

« 「喜界島ナビ」 | トップページ | 奄美藩? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウミガメが教えてくれること」:

« 「喜界島ナビ」 | トップページ | 奄美藩? »