« 「奄振・防波堤計画に地元『ノー』」 | トップページ | 美味!アテモヤ・アイス »

2009/03/26

赤佐湊とはどこか

 「猿渡文書」では、与論の出入り口として赤佐湊がよく出てくる。盛窪さんとも話題になったのだが、この赤佐湊とはどこのことだろう。

 珊瑚礁を削って口をつくった江が島桟橋は、当時、無い。「琉球国大島国絵図」を見ると、いまの茶花港に入ってきているように見える。あそこに大型船は寄れたのだろうか。うどぅぬすーに入る手前、公民館のところは小高い丘になっているが、あそこだろうか。

 もうひとつ気になるのは、赤佐湊に入る道のことだ。北からの道と南からの道が合流して、赤佐湊に通じている。この道はどこだろうか? 町役場前の通りではない気がする。すると、茶花港にくだるあの道だろうか。で、北への道は図書館の前を通り、茶花小学校の手前で北に向かう、あの道?

 赤佐は、「あがさ」とあるが、麦屋は「むきゃ」とある。そう聞こえたのだろう。 

Yoronchizu
Ryukyukoku1_2

|

« 「奄振・防波堤計画に地元『ノー』」 | トップページ | 美味!アテモヤ・アイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/44431918

この記事へのトラックバック一覧です: 赤佐湊とはどこか:

« 「奄振・防波堤計画に地元『ノー』」 | トップページ | 美味!アテモヤ・アイス »