« 「喜」は名から来たのだろうか | トップページ | 有楽町でアテモヤ(森のアイスクリーム)を »

2009/03/14

『奄美自立論』、20日頃の発売です

 出版社に問い合わせたところ、『奄美自立論』は20日頃、来週末に発売されます。予約してくれたみなさん、もう少しお待ちください。

 『奄美自立論。四百年の失語を越えて』出版

 ここに書かれているように、当初は3月7日発売を目指していました。薩摩軍が大島の笠利湾に招かれざる客としてやってきたのが、この日だからです。

 別に戦闘的な意味を持たせたいわけではありません。この本で考察した奄美の困難の由来によれば、この日は歴史的に重要な日であると考えられるのです。

 下の画像は、最初の戦闘があり、いまもその亡骸が眠る(墓ではありません。穴の中です)津代から笠利湾を臨んだ光景です。案内してくれたのはあまみ庵の森本眞一郎さん。


 と、いうことで、予約はまだ可能です。メールをいただければと思います。

◇1800円(定価2000の10%OFF・税抜き)
◇送料無料

Amamijiritsuron_3Tsushiro_2

|

« 「喜」は名から来たのだろうか | トップページ | 有楽町でアテモヤ(森のアイスクリーム)を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/44339240

この記事へのトラックバック一覧です: 『奄美自立論』、20日頃の発売です:

« 「喜」は名から来たのだろうか | トップページ | 有楽町でアテモヤ(森のアイスクリーム)を »