« 「与論」の分散化と「ゆんぬ」の内面化 | トップページ | 復帰請願署名100%の意味 »

2009/02/03

「あまみシマ博覧会」

 奄美の出生率の高さ(「九州、じゃない」)を追認するように、「あまみシマ博覧会」が開催されるという。シマ博だ。

 「あまみシマ博覧会」開催へ 長寿・子宝プロジェクト 奄美市 県が推進協で報告

全国トップの「長寿」「子宝」を切り口にした地域づくりを支援する県の「あまみ長寿・子宝プロジェクト推進協議会」が2日、奄美市であり、県が2009年度事業で、「ヘルシーツーリズム」を推進するため奄美大島で「あまみシマ博覧会」(仮称)を開催することを報告した。
同博覧会は、奄美大島の5市町村と観光連盟が事業費400万円をかけ、観光メニューの集積やガイドブック作成などで受け入れ態勢を整備する。

 ぼくのアイデアとしては、以前書いた「南のふるさと島構想」まで膨らませてみること。

  産む島・帰る島・逝く島

 それから、長寿の祖父母が、若者に話しを聞かせる逆生涯教育もやってほしい。


|

« 「与論」の分散化と「ゆんぬ」の内面化 | トップページ | 復帰請願署名100%の意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あまみシマ博覧会」:

« 「与論」の分散化と「ゆんぬ」の内面化 | トップページ | 復帰請願署名100%の意味 »