« パルヤドィ「黒猫庵」 | トップページ | 沼野充義・評 『群島-世界論』=今福龍太・著 »

2009/01/10

沖縄で歩む「音楽の道」/川畑アキラ

 川畑アキラの記事です。

 沖縄で歩む「音楽の道」/川畑アキラさん/内田勘太郎さん

 デビュー前は洋楽志向。しかし、都会生活を送るある日、与論島から祖父母が訪ねてきた。祖父の三線に合わせ「てぃんさぐぬ花」を歌う祖母。じわりと胸に響いた。幼いころのうたげの席。三線の音色の〝記憶〟が呼び起こされた。二十四歳の時だった。

 こういうことがあるから音楽は不思議だ。ぼくもりんけんバンドのライブを初めて聞いた時、血が騒ぐのを感じた。元ちとせの音楽は、魂が慰められる感じで何度も何度も聞いた。

「奄美と沖縄は『兄弟島』。そのことを深く理解して沖縄音楽に対する『片思い』を、ここで相思相愛にしたい。沖縄の民謡が大好きだったじいさんも、それを願っていると思う」

 がんばってほしいものだ。


|

« パルヤドィ「黒猫庵」 | トップページ | 沼野充義・評 『群島-世界論』=今福龍太・著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄で歩む「音楽の道」/川畑アキラ:

« パルヤドィ「黒猫庵」 | トップページ | 沼野充義・評 『群島-世界論』=今福龍太・著 »