« 与論イメージを旅する | トップページ | 与論イメージの始まりとしての「ゆんぬ」 »

2009/01/04

ダライラマ、11月に沖縄訪問内定

 チベットのダライ・ラマ14世が今年11月に沖縄を訪問することがこのほど内定したという。

 ダライ・ラマ来沖内定 11月、講演や戦没者追悼

 まだ先の話ではある。しかし実現すればこの訪問の意義は大きいと思う。
 日本における沖縄の位置は、中国におけるチベットの位置と同じではないが、共有できるものは多い。琉球の独立構想のなかには中国との関係を重視するものもあるが、それがどういう意味を持つのか、考えさせてもくれる。

 チベットや沖縄、琉球が自由、平等をつかむにはどのような道筋がありうるのか、そういう問題意識で捉えみたい。


|

« 与論イメージを旅する | トップページ | 与論イメージの始まりとしての「ゆんぬ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/43633656

この記事へのトラックバック一覧です: ダライラマ、11月に沖縄訪問内定:

« 与論イメージを旅する | トップページ | 与論イメージの始まりとしての「ゆんぬ」 »