« 「与論島出身者たちの『炭坑節』」 | トップページ | 古宇利島は究極の「沖の島」か!? »

2009/01/30

与論ミーティング at 新橋

 ゆうべと今日の午前中と、「与論情報サイト」の植田さんと、ネットを使った与論島への集客について議論した。

 ・交流が来島を生む
 ・会話が交流を生む
 ・ブログが会話を生む

 ということで、与論ブロガーを増やすことが戦略目標になると思う。

 インターネット通信のインフラは充実している。そうなら、「会話」の基盤はできているということだから、島の人のもてなし力をブログで生かすといい。人口当たりのブロガー比率が、一位の島になれば最強だと思う。

 島の出身者と島の愛好者だって、与論コンテンツは量産する。島内外の与論/ヨロン・コンテンツの増大は、そのまま集客力の増大につながると仮定すればいい。

 そんな議論だった。計画している植田さんのプロジェクトが花開くといい。


Withu


|

« 「与論島出身者たちの『炭坑節』」 | トップページ | 古宇利島は究極の「沖の島」か!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与論ミーティング at 新橋:

« 「与論島出身者たちの『炭坑節』」 | トップページ | 古宇利島は究極の「沖の島」か!? »