« ユンヌ 「ユリヌ・漂着」説 | トップページ | 「にほんの里100選」、琉球弧は加計呂麻島、山原、久米島 »

2009/01/07

薗さんの「奄美の生き方」

 与論にも教員として赴任したこともある薗博明さんに取材した記事です。

 やさしさの力 ふるさとの誇り 島を愛し高齢者慈しむ

 出発点は、大学時代の体験。住んでいた京都から神戸に遊びに行った時、奄美出身者が偏見にさらされ、島言葉を隠して生きていることを知り、ショックを受けた。
 島の中学に赴任し、生徒たちに「誇りを持て」と語った。しかし、大阪で看護師として働いていた二十五歳の教え子が、恋人の親から「“大島人”を嫁にできない」と反対され、失意の中で交通事故死するできごとがあった。「誇りを持て、というだけで、何に誇りを持つかを伝えてこなかった。情けない教師だったと反省しました」

 奄美にとって切実な話題。
 でも、こうやって引用して何か解説するより、読んでもらうのがいちばんの中身です。

薗さんが好んで使う島言葉が「なきゃ わきゃ まーじん」(あなたも私も一緒に)。人と人、自然と人の共生の哲学だ。

 与論言葉にしたら、「うら(うれー)いん わぬいん まーじん」となるでしょうか。


 薗さんの生き様は立派だなと思う。



|

« ユンヌ 「ユリヌ・漂着」説 | トップページ | 「にほんの里100選」、琉球弧は加計呂麻島、山原、久米島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/43664759

この記事へのトラックバック一覧です: 薗さんの「奄美の生き方」:

« ユンヌ 「ユリヌ・漂着」説 | トップページ | 「にほんの里100選」、琉球弧は加計呂麻島、山原、久米島 »