« 元ちとせ―還るという課題 | トップページ | 2009年は、1609年を対象化できる初めてのタイミング »

2008/12/29

ニ重の疎外とその克服として見た奄美の歩み

 10月の11日から投稿しはじめた「奄美自立論」は、昨日で本文が終りました。

 原稿を書いている途中から投稿し始め、第一稿で読者モニターを募り、その後も推敲を続けてきたので、最初のほうは初期の文章で、後のほうは、完成形に近い文章というブログの記事自体は変な構成になっています。リアルタイムにやるとこうなるなだなあと、これまた変な発見をしました。

 もともと自分に向かって書いているようなものです。お慰みから始まって、ひと様が読むに値するものまでいけているのかどうか、よく分かりませんが、お付き合いくださった方、ほんとうにありがとうございます。いつもながら、ブログに向かない文章を読んでもらうのは、とてもありがたいものです。

 下に「二重の疎外とその克服」としてみたとき、重要だと思えるものをピックアップしました。もっともっとあるはずですが、結節となるものを押さえるという目論見でやっています。

 こうしてみたとき、1888年はとても重要な年だったのが分かります。その年、県令三九号が撤廃され、大島経済がスタートし、三方法運動も開始されました。奄美の近代をめぐる興亡が最も凝縮されているように思えます。


一六〇九(慶長一四)年 薩摩、琉球侵略
一六一三(慶長一八)年 「御掟之条々」(琉球は大和である)
一六一七(元和 三)年 令達(琉球は大和ではない)
一六二三(元和 九)年 「大島置目之条々」(奄美は琉球ではない)
一七二八(享保一三)年 「大島御規模帳」(奄美は大和ではない)

一七四五(延享 二)年 大島、喜界島、換糖上納制
一七五五(宝暦 五)年 徳之島、三二〇〇余人、餓死
一七六〇(宝暦一〇)年 徳之島、換糖上納制
一八一六(文化一三)年 徳之島、母間騒動
一八三〇(文政一三)年 喜界島、大島、徳之島、第二次惣買入制

一八五〇(嘉永 三)年 名越左源太、大島来島
一八五三(嘉永 五)年 沖永良部島、惣買入制
一八五五(嘉永 七)年 名越左源太、帰鹿
一八五八(安政 四)年 与論島、惣買入制
一八六四(文久 三)年 徳之島、犬田布騒動

一八六八(明治 元)年 明治維新
一八七一(明治 四)年 西郷、大島商社設立に賛同
一八七四(明治 七)年 丸田南里「勝手商売」メッセージ
一八七七(明治一〇)年 西南戦争
一八七八(明治一一)年 大島商社解体
一八七九(明治一二)年 琉球処分(沖縄県、鹿児島県大島郡として)

一八八八(明治二一)年 県令三九号、撤廃。大島経済開始。三方法運動
一八八九(明治二二)年 中江兆民主筆の新聞で、奄美は「東洋のアイルランド」と紹介される
一八九一(明治二四)年 岡程良の依頼を受けカトリックの神父大島来島
一九二五(大正一四)年 柳田國男『海南小記』発行
一九三三(昭和一一)年 山之口獏「会話」発表

一九四五(昭和二〇)年 日本、敗戦
一九四九(昭和二四)年 昇曙夢、『大奄美史』発行
一九五三(昭和二九)年 奄美、日本復帰

一九五四(昭和三〇)年 奄振法制定
一九六二(昭和三七)年 島尾敏雄、「ヤポネシアの根っこ」発表
一九七二(昭和四七)年 沖縄、日本復帰
一九八三(昭和五八)年 松下志朗『近世奄美の支配と社会』発行
二〇〇〇(平成一二)年 『喜界町誌』発刊
二〇〇二(平成一四)年 元ちとせ『ハイヌミカゼ』発表。山中貞則『顧みて悔いなし 私の履歴書』発行


|

« 元ちとせ―還るという課題 | トップページ | 2009年は、1609年を対象化できる初めてのタイミング »

コメント

 お疲れ様です。
 毎日アップされる原稿に圧倒されていました。
 せっかくモニターとして読ませていただきながら、あまりお手伝いも出来ませんでした。すいません。
 これから、さらに推敲を重ねていくんですよね。
 年明けの出版が楽しみです。

投稿: mizuma | 2008/12/29 18:46

おはようございます。
大分感化されましたし、私のもっとも苦手な歴史を学ぶことが出来ました。
奄美の自立のために沢山の若者に読んでもらいたい、
又、教育関係者の間で読後の思想・意見の交換がされたらいいのにと思ってます。
与論の方の読んでる人に出会えたらと思います。
是非、声を掛けて下さい。

投稿: awa | 2008/12/30 06:21

mizumaさん

いえいえ。mizumaさんから、ビギンや自分のやりたいこととのシンクロを聞かせてもらっただけでも、大きな励みになりました。感謝しています。

原稿は昨日、脱稿しました。今度は主に出版社が仕事する番です。出版は三月を予定しています。

今年はお会いできて嬉しかったです。かずみの料理がまた食べたいです。

投稿: 喜山 | 2008/12/31 11:31

awaさん

本当ですね。意見交換、ぼくもしたいです。
若い世代がどう感じるのか、とても知りたいです。

投稿: 喜山 | 2008/12/31 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/43562111

この記事へのトラックバック一覧です: ニ重の疎外とその克服として見た奄美の歩み:

« 元ちとせ―還るという課題 | トップページ | 2009年は、1609年を対象化できる初めてのタイミング »