« ニ重の疎外とその克服として見た奄美の歩み | トップページ | 「沖縄イメージを旅する」 »

2008/12/30

2009年は、1609年を対象化できる初めてのタイミング

 2009年は、1609年からどんな400年目だろうか。
 あれから100年ずつをたどってみる。
 
 まず、最初の100年は、1623年の「大島置目条々」により、「奄美は琉球ではない」という規定が構造化された。

 1709年。
 二重の疎外からいえば、1728年の「大島御規模帳」により、「奄美は大和ではない」という規定が構造化されるときだ。

 同時に、砂糖きびの栽培は開始されたころでもあり、1713年前後には大島で第一次定式買入が開始される。1745年には換糖上納制が大島に敷かれるので、黒糖生産の開始と絶対化の100年になる。

 1809年。
 もうすぐ1830年の第二次惣買入制が開始され、収奪が激化される。この100年は、明治維新と1879年の琉球処分により、奄美の日本化が決定的になったときであり、後半の半世紀は、薩摩と国家に抗って近代化を進めようとした時期だ。

 1909年。
 1888年、大島経済がスタートして緩慢なる経済収縮化の段階に入っている。また、日本への皇民化も。そして、1945年の敗戦と1953年の日本復帰。後半は、やっと奄美のモノの収奪が、部分的に奪回されてゆく段階を迎える。

 こうして100年ごとにたどると、2009年というのは、1609年を対象化できる初めてのタイミングだということが分かる。なぜ今ごろ、ではない。いままで対象化する余裕すら無かったのだ。100年あるいは半世紀ごとに歴史を呼吸してきたような感じだ。


|

« ニ重の疎外とその克服として見た奄美の歩み | トップページ | 「沖縄イメージを旅する」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年は、1609年を対象化できる初めてのタイミング:

« ニ重の疎外とその克服として見た奄美の歩み | トップページ | 「沖縄イメージを旅する」 »