« 二重の疎外の瞬間凍結 2 | トップページ | 「大島」解体論 »

2008/12/05

「『反復帰・反国家』の思想をよみなおす」

 『反復帰と反国家―「お国は?」 (沖縄・問いを立てる)』は、沖縄言説のなかに、前利潔の「<無国籍>地帯、奄美諸島」という奄美言説が入っているのが新鮮な気がするのだが、その目で言うと、「反復帰・反国家」論自体を脇に置けば、徳田匡の「『反復帰・反国家』の思想をよみなおす」にも共鳴するものを感じた。

Okuni_2













 徳田の言うことをうんとうんと約めてみる。沖縄の言説は現在、閉塞的になっているが、それを打開するのに、沖縄の「反復帰」「反国家」の思想を問い直す価値がある。反復帰論の代表は、新川明だが、吉本隆明の「異族の論理」を引く形での異族論は、沖縄人を過去に無限遡行できると考える点において、反復帰、反国家論が批判する日本のナショナリズムと同じになってしまう危険性を孕んでしまう。沖縄人という民族主義になりかねないからである。

 新川の異族論を、それのみに立脚するのは疑問があるとしたのは、岡本恵徳だが、彼は、閉じた共同性が、外的な強制によって行ったという点では、「誤解を恐れずにいえば」、沖縄の「復帰運動」と「慶良間島の集団自決」は同型をなしていた。

 徳田は、ここで、新川の異族論も同じ危険を孕んでいたのではないかという。しかし、徳田は新川を批判して終わるのではない。徳田は新川の次の言葉に着目する。

 沖縄人がみずからを表現するとき「ウチナーンチュ」といい、沖縄人以外の日本人を呼ぶのに「ヤマトウンチュ」または「ヤマトゥー」と規定する。
 相手の「ヤマトウンチユ」が、九州の男であるか、東北の女であるか、あるいは北海道からやってきた人であるか、そういうことはここでは一切問題にならない。〔中略〕日本(本土)の人間はおしなべて「ヤマトウンチュ」であり、その人が住む国土は「ヤマトゥ」である。そして沖縄に住む私たちは、あくまでも「ウチナーンチュ」である。〔中略〕
  例えば高知県の男に、「君は日本人か」と問うとき、おそらく彼は何のためらいもなく「そうだ。おれは日本人だ」と答えるにちがいない。〔中略〕どの地方の人たちをとってみても、彼または彼女は、一瞬のためらいもなく「日本人だ」と答えるにちがいない。〔中略〕
 だが、もし同じ問いを沖縄人に向けて発するとき、程度の強弱はあれ、あるいは表情にあらわれるか、あらわれないかは別にして、内心一種の戸惑いを感じない人は稀である。そのときl瞬間、彼また彼女の胸中を素早く駆け抜けるのは、「私は沖縄人だ」という声にならぬつぶやきである。その胸中のつぶやきが彼または彼女を一瞬の戸惑いに誘い込む。

 徳田は、異族論に回収されないものを、「声にならぬつぶやき」に見る。それこそは、

「反復帰」「反国家」の思想は、「沖縄人」をゆるやかに乗り越えて、植民地支配によって虐げられるものたち、規範的な反復引用に「正しく」引き取られない者たちに繋がっていくのである。

 と、彼は考える。
 ここで徳田は、自分と自任のあいだに空隙を見出すのが、ここにある「声にならぬつぶやき」は奄美にこそ似つかわしい。というか、奄美こそはこの「声にならぬつぶやき」を生きてきた。

 徳田の論を参照すると、その延長で、沖縄言説と奄美言説が共鳴できる地点があるのではないかと想定することができる。

 ぼくは、奄美の困難を「失語」と捉えてきた。ではどうすればいいか。少なくとも、発語すりゃいいってもんじゃない。と、ここでの議論は言っている。発語へのためらい。それも奄美の可能性だ。



|

« 二重の疎外の瞬間凍結 2 | トップページ | 「大島」解体論 »

コメント

こんにちは初めまして、興味深く拝見させて頂いています。

ちょっと質問をば。
以前に宮古の年寄りはウチナーンチュだとは思っていないとの話も聞いたことがあるので、沖縄本島以外の沖縄県民は躊躇なく自分をウチナーンチュだと言い切っているんでしょうか。
沖縄とは本来沖縄本島のことらしいですし、ウチナーンチュの定義ってなんでしょうか?

質問ではないですが、沖縄本島出身の友人たちにその他離島のことを聞いても知らないとの返事ばかりで、私自身がっかりした経験があります。
喜山さんの記述の中にも、沖縄の人は奄美のことは知らないなどとあったので、沖縄の人は「沖縄と日本」での視点だけしかなく、やっぱり足元の周辺は意識していないのだなあと思っております。

余談をもう一つ、沖縄と行政区が一緒になると私等奄美群島出身者もいつの間にかウチナーンチュと呼ばれるようになるんでしょうね。

投稿: 愛知在住 | 2008/12/05 11:06

 「ウチナーンチュ=沖縄県民」というには、フィクションですね。
 愛知在住さんのおっしゃるとおり、宮古島の方、あるいは八重山諸島の方は「ウチナーンチュ」ではないです。
 「ウチナー(沖縄)」は沖縄島のことですから、久米島などさえも含みませんし、それぞれ自らを「シマンチュ(島人)」とさえ呼べば済んでいたわけです。

 それと、これは僕の疑問ですが、「奄美」というのは概念であって島名ではないんじゃないかと。。。「奄美」の名をもつ島名はどこにもありませんし、いわゆる「奄美大島」はたんに「大島」ですよね。

投稿: 琉球松 | 2008/12/05 11:53

琉球松さんへ
ウチナーンチュフィクションとの件について、残念ながら友人達は「ウチナーンチュ=沖縄県民」と思っている様でした。

また奄美は概念とのご指摘ですが、確かに仰る通りです、これはプログ主さんもご指摘されている様でしたね。ただ、奄美と単純に言うと奄美群島全体であると私は意識しております。
郷友組織(中部奄美会など)もやっぱり奄美で括ってますし。

琉球松さんはプログ主さんとは違う方ですね。

投稿: 愛知在住 | 2008/12/05 14:44

 10年くらい前までは「ウチナーンチュ=沖縄島人」で明確だったんですけどね。
 最近の混乱?は我々50代にはとまどうばかりです。

 「奄美」に関してですが、沖縄の日本復帰(1972)あたりから耳にするようになったと記憶しています。中学生の頃は、たんに「大島」と言ってました。

 奄美は概念か?としたのは、沖縄諸島においての「アマミ」が、祖神アマミキヨのことだったのではないかと考えたからです。
 僕は、女性の宗教権を尊重していた邪馬台国の崩壊に関係があるのではと思いますね。「男性型ヤマト」との信仰的対立無意識のレベルで続いているんじゃないでしょうか。

投稿: 琉球松 | 2008/12/06 00:07

愛知在住さま、琉球松さま

ウチナーンチュ。ぼくは漠然と、

1.沖縄内部では沖縄島の島人
2.大和、世界など、他の共同性と比較するときは、沖縄県人

と思ってきました。で、奄美の場合、2の意味が未成熟なんだろうと。


> 愛知在住さま

> 沖縄と行政区が一緒になると私等奄美群島出身者もいつの間にかウチナーンチュと呼ばれるようになるんでしょうね。

そのときこそ、「奄美」という言葉が育つときかもしれませんね。もしかして。


> 琉球松さま

邪馬台国の崩壊の話、面白いですね。ヲナリ神という言葉が残っているっていいなあと思います。


投稿: 喜山 | 2008/12/06 08:23

喜山さん、琉球松さん、

「沖縄県人」の「沖縄」の部分だけが一人歩きしているのでしょうかね、そんな風に感じてきました。
喜山さんの「奄美」への違和感が分かる気がします。

もっと続けたいのですが今回はこれにて失礼です、お話ありがとう御座いました。

投稿: 愛知在住 | 2008/12/06 10:22

 「奄美」も「沖縄」も、やっぱり一人歩きしているんでしょうね。

 お付き合いありがとうございました。トウトガナシ!ニフェーデービル!

投稿: 琉球松 | 2008/12/06 17:30

> 琉球松さま

「沖縄」に比べたら「奄美」の独り歩き度はメッチャ低いんです、はい。奄美がどんな風に見えるか、これからも教えてください。


> 愛知在住さま

また、いつでもお便りください。奄美・沖縄談義、したいです。

投稿: 喜山 | 2008/12/07 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「『反復帰・反国家』の思想をよみなおす」:

« 二重の疎外の瞬間凍結 2 | トップページ | 「大島」解体論 »