« 自失としての復帰 1 | トップページ | ディ!ウェイヴにお邪魔しました »

2008/11/27

ツアーガイド盛窪さんです

 どこかにある南の島、パナウル王国(いまも生きてる?)、島(とう)の似合う島、与論島に行く時、こんな方は盛窪さんのガイドがおすすめです。

・ただの観光地めぐりでは物足りない。
・民俗のことも知りたい。
・食物、土壌、昆虫のことの話も嬉しい。
・真面目とユーモアの行き来がほしい。
・意外な発見、出会いがほしい。
・与論ぽい人がいい。

 などなど。盛窪さんは、庭とパーマカルチャーも案内したいと書いていますが、本格的です。

 与論に行こうかなと思ったら、思い出してくださいね。


 ★ツアーガイドの営業を始めています。(「与論島まるごと博物館」)



|

« 自失としての復帰 1 | トップページ | ディ!ウェイヴにお邪魔しました »

コメント

 ご紹介ありがとうございます。

プリシアでも商品として扱ってもらうことになりました。
来年度からは

ユンヌツーリズとして  新たに10人ぐらいが各自得意分野を活かしたガイドができるようにと、観光課の担当がホームページの作成にとりかかっています。

 南海日日新聞の正月の特集でも取り上げてもらえるみたいで、担当の記者の案内もさせてもらいました。

 女房が運転手で  私が シャベルのも団体にはうけるかも・・、とも思ったりしています。

投稿: awa | 2008/11/28 05:01

awaさん

めおとガイド、やってください(笑)。

10人の方の紹介ページも楽しみに待っています。
顔の見える与論島になりますね。

投稿: 喜山 | 2008/11/28 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツアーガイド盛窪さんです:

« 自失としての復帰 1 | トップページ | ディ!ウェイヴにお邪魔しました »