« 大島紬の二人三脚 | トップページ | 直訴・脱島・一揆 2 »

2008/11/04

「本気で沖縄について語ろうとするなら」

 「本気で沖縄について語ろうとするなら」、と注目されているようです。『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』

 なかでも、奄美との関係は、注目を集めるんですね。
 (『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』 佐野眞一著 著者の大見得に偽りなし 梁木靖弘

あるいは、沖縄における奄美差別の問題。「いま沖縄には奄美出身者が5万人いるといわれていますが、自分から奄美出身者だと名乗る人は、めったにいません」。本土から差別された沖縄人は、奄美人を差別する。しかし、那覇の国際通りの基礎を作ったのは、実は奄美出身者だったことなど、初めて知ることのオンパレード。


 奄美ってほんとに、文字通りの盲点、暗点なんですね。

 ※「琉球侵攻を心からお詫びし、政治家として罪を償わなければならない」
 ※「沖縄による奄美差別-その了解の構造」


|

« 大島紬の二人三脚 | トップページ | 直訴・脱島・一揆 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「本気で沖縄について語ろうとするなら」:

« 大島紬の二人三脚 | トップページ | 直訴・脱島・一揆 2 »