« 奄美市「赤木名城跡」国史跡指定へ | トップページ | 近代化の第三幕2・カトリック »

2008/11/22

「奄美からの手紙 今夜も眠れないこの島で」

 『奄美からの手紙 今夜も眠れないこの島で』という本が出たそうです。

 奄美だより:連載まとめ出版 下関の堀さん、北九州で絵画展も /山口

 読みたいですねえ。新日本教育図書から出ていますが、でもアマゾンには今のところありません。

「下関にいたら奄美は『異界』。奄美にいれば逆。あの世とこの世を往復しているような感じですが、それが大事な気がします。絵を見ることも『あの世』をのぞくようなものだと思います」

 この認識はいいなあと思います。書名も素敵ですしね。


 感想 >> 『奄美からの手紙 今夜も眠れないこの島で』


|

« 奄美市「赤木名城跡」国史跡指定へ | トップページ | 近代化の第三幕2・カトリック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「奄美からの手紙 今夜も眠れないこの島で」:

« 奄美市「赤木名城跡」国史跡指定へ | トップページ | 近代化の第三幕2・カトリック »