« 無限連鎖の差異化でもなく、なし崩し的同一化でもなく | トップページ | 日本人になる―二重の疎外からの脱出 1 »

2008/11/25

左源太の見上げた木

 ぱらじ(親戚)のやかは小さい頃、小宿に住んだことがあり、川の流れる小さな町のたたずまいが好きだと語ってくれたことがあった。トンネルを抜けて小宿に入ったとき、ああこれかとすぐに実感できる気がした。

 で、小宿といえば、名越左源太だ。

Sagenta1











左源太も食べた、かもしれないみかん。

Sagentakunipu



















左源太も見上げた、かもしれない木。


Sagentawood

|

« 無限連鎖の差異化でもなく、なし崩し的同一化でもなく | トップページ | 日本人になる―二重の疎外からの脱出 1 »

コメント

小宿、行かれたんですね。
そこにただ立ちたくて、奄美に出かけたのでした。
なつかしいですー。

投稿: biza | 2008/11/25 23:28

bizaさんは、きっとここに立ったろうなと思いつつ、庭を眺めました。そこにあるもの全部、コンクリートまで、左源太も眺めた錯覚に陥るのでした(苦笑)。

投稿: 喜山 | 2008/11/26 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左源太の見上げた木:

« 無限連鎖の差異化でもなく、なし崩し的同一化でもなく | トップページ | 日本人になる―二重の疎外からの脱出 1 »