« 二極化した奄美。家人と衆達 | トップページ | 亜熱帯自然の包容力 1 »

2008/11/06

陪審員制度参加は沖縄が先駆

 1964年、沖縄の人が、沖縄で陪審員として裁判に参加したことがあったそうです。

 沖縄 陪審裁判の記録見つかる

アメリカ統治下、陪審員制度が導入されていた本土復帰前の沖縄で、一般の沖縄の人が参加して行われた裁判の記録が琉球大学で見つかり、専門家は来年から始まる裁判員制度を考えるうえで貴重な資料だとしています。

 アメリカの統治下は、日本の治外に置かれるわけだから、体験も特異になるのですが、でも、当時、特異でも今は先駆ですね。


 アメリカの新大統領が決まり、沖縄の陪審員先駆の報を見ると、アメリカ統治下の奄美のことを思い出します。あのとき奄美からは「日本人」が去り、奄美人だけで政治的共同体を構成していました。所詮、統治下であるとはいえ、それでも、奄美人による奄美人のための選挙が行われ、たしか二人だったでしょうか、知事も誕生しています。そのことはもっと知られてよいのではないでしょうか。はい、ぼくも調べるまではそんなことちっとも知らなかったからです。奄美の自信にしていいはずだと思うからです。



|

« 二極化した奄美。家人と衆達 | トップページ | 亜熱帯自然の包容力 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/43026672

この記事へのトラックバック一覧です: 陪審員制度参加は沖縄が先駆:

« 二極化した奄美。家人と衆達 | トップページ | 亜熱帯自然の包容力 1 »