« 二重の疎外の顕在化 | トップページ | 奄美近代の第一幕と第一声 »

2008/11/16

14歳の背比べ

 休日のうちに誕生祝い。

 年齢にちなんで、『14歳からの哲学 考えるための教科書』をプレゼント。ちょっと早いかもだけど、まあ野球グッズはすぐに使えるから、これはいつか読んでくれるでよしとして。

 
 Sekurabe1116_2Match_2








 背は母親を抜くも、マッチは初心者。いまの子ですねえ。

 ここ数年、ぼくは後退につぐ後退戦だけど、子どもは成長を止めない。それはでも、励みです。



|

« 二重の疎外の顕在化 | トップページ | 奄美近代の第一幕と第一声 »

コメント

おお!お誕生日おめでとうございますo(*^▽^*)o
哲学の本だなんて、喜山さんらしいですね。

でもわたしも中学生時代にヨースタイン・ゴルデルの哲学小説にはまってました。
「ソフィーの世界」は物理的に重過ぎるので(笑)「カードミステリー」が好きでした。

投稿: おおくぼ | 2008/11/17 11:16

おおくぼさん

ヨースタイン・ゴルデルってごっつい名前だと思ったら、「ソフィーの世界」の方ですね。

てつおは元気ですか?字は違いますが、父の名と同じなので、すくすく成長を願わずにいられません(笑)。

投稿: 喜山 | 2008/11/17 21:53

はい、ゴルデルさんは確かお顔もごっついです(笑)

うちの鉄男くんはすくすく育っています。今まっすぐに伸びているのですが、このあとどうなるのか?どうすればいいのか?よく分かりません…。「初めての子育て」ってこんな心境なのでしょうか…。

投稿: おおくぼ | 2008/11/18 14:47

おおくぼさん

子育てのほうがもちょっと本能と勘が湧き出ると思います(笑)。

蘇鉄の生命力はすごいので、これからが楽しみです。てつおをよろしくお願いします。

投稿: 喜山 | 2008/11/19 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/43135764

この記事へのトラックバック一覧です: 14歳の背比べ:

« 二重の疎外の顕在化 | トップページ | 奄美近代の第一幕と第一声 »