« 日本人になる―二重の疎外からの脱出 1 | トップページ | 日本人になる―二重の疎外からの脱出 2 »

2008/11/25

夜の夢しぼり

 ああ、とうとう今回は、会えず仕舞と諦めかけたけれど、送ってくれるというので、空港に行く途中、ビッグ2で降りて向かうことにしました。肥後染色の夢しぼり工房です。

 名瀬でバスに乗るころはまだ陽がありましたが、着くころには真っ暗。夜の工房見学とあいなりました。


YumexsiboriTetigiKoboHosu


 山川さんのアドバイスと山元さんの機動力で無事、離陸の時間に間に合い、ぎりぎり不義理せずに済みました。泥染めファッションも手ごたえを感じだしているようで、よかった。


 さて、今回の大島行きは実に多くの方にお世話になりました。とうとぅがなし。



|

« 日本人になる―二重の疎外からの脱出 1 | トップページ | 日本人になる―二重の疎外からの脱出 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の夢しぼり:

« 日本人になる―二重の疎外からの脱出 1 | トップページ | 日本人になる―二重の疎外からの脱出 2 »