« やっと見つけた!真由美 | トップページ | 二つの西郷 »

2008/11/18

クローンアマミノクロウサギ

 とうとうここまで。やっぱりそう思っちゃいますね。

 絶滅危惧のアマミノクロウサギ、クローン胚完成

鹿児島県の奄美大島と徳之島に生息し、絶滅が心配されている特別天然記念物アマミノクロウサギのクローン胚(はい)をつくることに、近畿大生物理工学部の細井美彦教授(52)=生殖生物学=の研究グループが成功した。

 そのうち、アマミノクロウサギも、自然のクロとクローンのクロクロの2タイプがいることになるのかもしれません。この技術を導入せずに、アマミノクロウサギが生きていけたら最高なんですが。

生息数は奄美大島で2千~4800匹、徳之島で200匹前後と推定される。

 技術の推移は推移として、これからも見守りたいですね。



|

« やっと見つけた!真由美 | トップページ | 二つの西郷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クローンアマミノクロウサギ:

« やっと見つけた!真由美 | トップページ | 二つの西郷 »