« 奄美大島の大画像 | トップページ | 空っぽな共同体と空っぽなモノ »

2008/10/30

66件中19件が「縁もゆかりもない人たちから」。

 去年の「アイランダー2007」で異彩を放っていたのは、隠岐だったが、

 「島じゃ常識」

 こんどは、「ふるさと納税」でがんばっている姿を知った。

 日本海に浮かぶ隠岐諸島の島根県海士町は、人口約2400人。ホームページなどで呼びかけ、24日までに66件、計約320万円が集まった。うち19件は町とは縁もゆかりもない人たちからだった。
 同町は財政難だが、町村合併をせず、イカなど水産物加工の新技術で生き残りを図る。そんな奮闘ぶりを知った寄付者からは「がんばれ海士町」「地方のモデルになるよう期待します」といった声も届いた。沢田恭一・副町長は「全国に応援団がいると思うと、心強い」と話す。(「読売新聞」2008年10月27日)

 66件中19件といえば、約29%。3割が、「縁もゆかりもない人たち」からだというのは、すごいことだ。出身者や愛好者という以外の動機が3割もあることを教えてくれているのである。

 がんばれ、与論町。


|

« 奄美大島の大画像 | トップページ | 空っぽな共同体と空っぽなモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 66件中19件が「縁もゆかりもない人たちから」。:

« 奄美大島の大画像 | トップページ | 空っぽな共同体と空っぽなモノ »