« 屈服の論理 1 | トップページ | アサキマダラ、阿南から与論へ »

2008/10/23

「琉球・薩摩・アメリカ支配」の文脈 メモ

 奄美のコメントを読んでいると、よく、「奄美は、琉球、薩摩、アメリカに支配されてきた」という表現が出てくる。
 いつも違和感を抱いてしまうのだが、それはどうしてなのか。
 気づくことからメモしておく。

琉球
・琉球弧内の国家造山運動によるもの

薩摩
・大和による本格的な琉球支配によるもの

アメリカ
・日米戦争の戦後統治によるもの

 違和感のひとつは、これら三つが全く位相を異にしていることに由来する気がする。



|

« 屈服の論理 1 | トップページ | アサキマダラ、阿南から与論へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「琉球・薩摩・アメリカ支配」の文脈 メモ:

« 屈服の論理 1 | トップページ | アサキマダラ、阿南から与論へ »