« 「琉球・薩摩・アメリカ支配」の文脈 メモ | トップページ | 屈服の論理 2 »

2008/10/24

アサキマダラ、阿南から与論へ

 徳島の阿南の子どもたちがマーキングしたアサキマダラが、喜界島、与論島から「飛来した」という。

 アサギマダラ飛来確認 阿南

 こういう記事をみると、アサキマダラの目になって黒潮の上空を飛び、与論島までたどり着いてみたいと空想してしまう。

 きょうのブログで、与論の盛窪さんが「アサキマダラが来ています」(ハキビナ海岸防災基本計画策定委員会委員の委嘱について)と書いている。(記事は別の内容ですが、面白い)

 つながる話は気持ちいいですね。

 
 沖永良部島の小学校でも確認されたようです。(アサギマダラの渡り



|

« 「琉球・薩摩・アメリカ支配」の文脈 メモ | トップページ | 屈服の論理 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサキマダラ、阿南から与論へ:

« 「琉球・薩摩・アメリカ支配」の文脈 メモ | トップページ | 屈服の論理 2 »