« ヨロン島ビーチバレーフェスティバル | トップページ | 二重の疎外とその隠蔽、年表 »

2008/09/02

迫力のヤシガニ

 これ、すごいでしょう。全長70センチはあろうかというヤシガニです。
 見よ、この堂々たる姿。

Anmahu4_2
















 リアルタイムのヤシガニですが、与論産ではなく、お隣の永良部産です。前利さんに教えてもらいました。

Anmahu2_2














 
  こんな元気なヤシガニがいると思うと、嬉しいですね。

Anmahu5



















 知名の瀬利覚には、「アマンブックイのほら穴」という昔話があるそうです。
 農作業の途中、陽に当たるのを気にかけたお母さんが、畑のすみに赤ん坊を寝かせてあげたら、アマンブックイがほら穴のなかにさらっていったというのです。ヤシガニが相当な腕力の持ち主なので、赤ん坊を引っ張る力は当然あると思わせます。でも力持ちと知られているだけじゃなく、こんな言い伝えが生まれるくらい、昔、ヤシガニは身近な存在だったんですね。

 ちなみに与論では、ヤシガニはアンマフですが、永良部ではアマンブックイというのですね。こちらのほうが強そうです。(^^)

 アマンブックイ、アンマフも島にずっといてほしい存在です。島の主ですから。


|

« ヨロン島ビーチバレーフェスティバル | トップページ | 二重の疎外とその隠蔽、年表 »

コメント

はじめまして!毎日楽しみに拝読しています。方言もチグハグしかわからない世代ですが、永良部出身なので島の話が出るととても嬉しいです。いろいろと勉強させて頂いてます!
メヘディロ!

投稿: 若輩者 | 2008/09/03 02:14

永良部のアマンブックイ、迫力ありますね。
ちなみに撮影終了後には、このアマンブックイはリリースされたそうです。元気でいてほしいですね。

これからもよろしくお願いします。とうとぅがなし。

投稿: 喜山 | 2008/09/06 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迫力のヤシガニ:

« ヨロン島ビーチバレーフェスティバル | トップページ | 二重の疎外とその隠蔽、年表 »