« 薩摩はなぜ琉球を侵略したのか | トップページ | 白と青のあいだに »

2008/09/04

ショチョガマと平瀬マンカイ

 昨日は、大島の龍郷町で「ショチョガマ」と「平瀬マンカイ」が開かれた。

 「稲の霊に豊作祈願 奄美大島で二つの伝統行事」

 奄美の歴史記述を読んでいると、時折、いじめられっ子がいじめっ子を名指せない情けなさを感じるけれど、島唄や祭儀の世界に抗う力は生きていてほっとする。両方とも来迎神信仰が稲に結びついたものだが、奄美のなかでは大和に近い場所に残ったのは関心をそそられる。山が隔てる大島の地勢のなせる技だろうか。

 記事中の写真もいい。


大きな地図で見る

|

« 薩摩はなぜ琉球を侵略したのか | トップページ | 白と青のあいだに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショチョガマと平瀬マンカイ:

« 薩摩はなぜ琉球を侵略したのか | トップページ | 白と青のあいだに »