« 二重の疎外、「隠蔽」の核心 | トップページ | 「島津氏の琉球入りと奄美」 1 »

2008/09/15

大島に行く時は訪ねたいから

 島尾敏雄が暮らした奄美大島の県立図書館奄美分館長住宅が解体される方針は変わってないという。

 「死の棘」生んだ島尾敏雄の家、解体へ 奄美大島

 ぼくは大島に住んでいるわけでもないので、わがままな言い方しかできないが、ここで『死の棘』が書かれ、「ヤポネシア」の発想が形になっていった場所である。そう思うと、大島に行く時にはぜひ訪ねたい。だから残っていてほしい。

Shimao1_2Shimao2

|

« 二重の疎外、「隠蔽」の核心 | トップページ | 「島津氏の琉球入りと奄美」 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大島に行く時は訪ねたいから:

« 二重の疎外、「隠蔽」の核心 | トップページ | 「島津氏の琉球入りと奄美」 1 »