« 二重の疎外とその隠蔽、年表 | トップページ | 薩摩はなぜ琉球を侵略したのか »

2008/09/03

おいしいハーブ栽培に与論島協力

 茨城県取手市の霜多さんが栽培するハーブは、

「えぐみがなくて、おいしい」と評判を呼び、取引先は有名ホテルや外食チェーンにも広がった。

 で、霜多さんのハーブは、「与論島に協力農場」もあるそうです。

 どこかの料理でハーブが添えられたり使われたりしたとき、それが与論産かもしれないと思えるのは嬉しいですね。

 新いばじん:/14 安全でおいしいハーブ栽培に取り組む、霜多増雄さん /茨城

 「いばじん」て何だろうとちょっと悩みますが、「いばらぎじん」ですね、きっと(笑)。




|

« 二重の疎外とその隠蔽、年表 | トップページ | 薩摩はなぜ琉球を侵略したのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいしいハーブ栽培に与論島協力:

« 二重の疎外とその隠蔽、年表 | トップページ | 薩摩はなぜ琉球を侵略したのか »