« 『奄美の債務奴隷ヤンチュ』の意義 | トップページ | 「琉球支配と幕藩制」 »

2008/08/27

奄美の五町村議選と離島の消費税減免

 任期満了に伴う奄美群島の町村議選が昨日の26日、告示された。

 奄美の5町村議選告示 総定数60に71人が立候補

定数は、

宇検村  8
龍郷町 12
和泊町 14
知名町 14
与論町 12

 暑い最中の選挙戦、さぞ大変だろう。投票日は31日。明日の島づくりのために、ぜひお願いします、と遠くからも思います。
 
 ぼくは不勉強で知らなかったが、立候補者71人中、68人は無所属だそうだ。保守系政党一辺倒ではなくなったということだろうか? よく分からない。

◇◆◇

 もうひとつ。最近、聞いた島のニュースは、離島の消費税減免に関すること。

 「消費税の特例減免を」鹿県離島振興協、県に要請

与論町の南政吾町長は「離島では物流コストが物価に上乗せされ、本土より余分に税を負担している。将来の税率アップは避けがたく離島経済はさらに疲弊する。免税や減免などの特別措置を国に要望したい」と説明。

 もっともだと思う。



|

« 『奄美の債務奴隷ヤンチュ』の意義 | トップページ | 「琉球支配と幕藩制」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奄美の五町村議選と離島の消費税減免:

« 『奄美の債務奴隷ヤンチュ』の意義 | トップページ | 「琉球支配と幕藩制」 »