« 「幕藩制下における琉球の位置」4 | トップページ | 「幕藩制下における琉球の位置」5 »

2008/08/31

「沖縄単独州」を支持

 沖縄県が主催した「道州制に関するシンポジウム」で、「沖縄単独州」が支持されたらしい。

沖縄県主催の「道州制に関するシンポジウム」が23日午後1時半から琉球新報ホールで開かれ、約300人が参加した。道州制と沖縄の将来像について考えるのが狙い。沖縄を九州に入れるか、それとも沖縄単独州にするか、奄美大島と一緒にするかという3案があるなかで、国会議員・大学教授・弁護士の3人のパネリストは「沖縄単独州」を支持した。

1.沖縄を九州に入れる
2.沖縄単独州
3.奄美大島と一緒にするか
パネリストは沖縄の単独州を支持 沖縄県主催で「道州制に関するシンポジウム」開く

「奄美大島と一緒にするか」という表現の杜撰さは置くとして、よくみると、3人のパネリストが支持したのが「沖縄単独州」で、民意というのではない。

 これだけを見ると、琉球の歴史より沖縄は戦後の歴史に重きをおいて選択しているように見える。

 来年は薩摩侵略から400年目を迎える節目の年で、県民の間で沖縄の将来像についての関心が高まっている。

 でも、「薩摩侵略から400年」という問題意識のあるあたり、戦後に区切っているわけでもないのだろうか。ぼくは、奄美も含めた琉球州の可能性について、奄美でも充分に議論すべきだと思うが、今後の沖縄の動向に注目していきたい。


|

« 「幕藩制下における琉球の位置」4 | トップページ | 「幕藩制下における琉球の位置」5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/42340549

この記事へのトラックバック一覧です: 「沖縄単独州」を支持:

« 「幕藩制下における琉球の位置」4 | トップページ | 「幕藩制下における琉球の位置」5 »