« 猿化騒動 | トップページ | ヤチャ坊よ、永遠なれ »

2008/08/20

あちゃの夢を見た

 ふだん見ない夢を見た。どこか与論の家にぱらじが大勢集まってた。
 夜、みんな横になると足の踏み場もないほどだった。寝ることもできなそうだと諦めたらビールが飲みたくなったので、弟三人とお酒を探した。
 お袋は、夜中なのに親戚まわりをしてくると言うから、それに付いていってお酒を飲ませてもらおうかと思ったら、
 「あっしぇ、びーねーびしちから、ちゃーきむどぅちきゅーくとぅ」
 と言われて止めた。
 で、弟たちと酒飲んでいるところに、気づくと父ちゃんもいて一緒に飲んでた。
 父ちゃん!と思って、触ったら、あったかかった。


|

« 猿化騒動 | トップページ | ヤチャ坊よ、永遠なれ »

コメント

なんだか、切ないですね。
折につけ思い出すと、未だに涙します。
親孝行したい時に親がいない。・・・なんてことが、
しみじみと心にしみてきます。
もっと、話しておけばよかったと・・・。

投稿: 山元 | 2008/08/21 15:15

幸子姉さん、とうとぅ。父の供養になrます。

親父は、いつものように、
黙って微笑んで静かに飲んでいるだけでしたが、
こちらが寂しがっているのを気にかけて、
いつも傍にいると、言いに来てくれたんじゃないかと思います。

投稿: 喜山 | 2008/08/21 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あちゃの夢を見た:

« 猿化騒動 | トップページ | ヤチャ坊よ、永遠なれ »