« いらっしゃいませ! | トップページ | 仙台涼風 »

2008/06/27

奄美にとって1609年とは何か

 29日のパネルディスカッション用のレジュメです。メモなので舌足らず、あしからず。

◇◆◇

“失語の民”- なぜこれほど失語しているのか?
1609年 - 失語、自失の起点

1.二重の疎外

<大和ではない、琉球でもない>
・「地勢と自然と文化の同一性から<琉球>を向けば政治的共同性が異なると疎外され、
政治的共同性の同一性から<大和>を向けば地勢と自然と文化が異なると疎外される。」
・出自を明かさない。さもなければ、「奄美は沖縄?」と聞かれると「鹿児島県」と主張する。あるいは「奄美は鹿児島?」と聞かれると「文化は琉球」と主張する。失語でなければ主張という自認の形をとらざるをえない。この幅。

2.その隠蔽

<大和ではない、琉球でもない。だが、大和にもなれ、琉球にもなれ>
・自己を消去することによってしか対応できない。
・「日本人」という脱出口への総雪崩。「方言撲滅運動」、「日本復帰運動」。
・島尾敏雄の「奄美の人々は、長いあいだ自分たちの島が値打ちのない島だと思いこむことになれてきた」という言葉の意味。

「二重の疎外とその隠蔽」を解くには。
関係から生まれたものは関係で解くしかない。<薩摩>と<沖縄>の二者との対話。

対<薩摩>
植民地化
・砂糖島としての収奪
・二重の疎外とその隠蔽の強要
薩摩の思想への繰り込みの要請

「ふるさと納税窓口一本化」 ・終わらない植民地発想
「アイヌ先住民族認定」 ・単一民族幻想の終わり


|

« いらっしゃいませ! | トップページ | 仙台涼風 »

コメント

 興味ある レジュメですね。

与論島のなかで こんな内容の意見をきかせてもらえる人がいたらいいのに・・・。

 これを読んで、誰かのってこないかなー。

投稿: awa | 2008/06/27 22:22

awaさん

この手の話題の話し相手にぼくも飢えています。
島で語り合いたいですね。

投稿: 喜山 | 2008/06/28 09:56

はじめまして、宝塚市に住んでいます。奄美(瀬戸内古仁屋)の出で、1953年生まれの56歳になります。以前に昇曙夢のことを奄美庵の森本眞一郎氏に尋ねたら「喜山氏のプログも参考になる」と教えられ、よく見ています。知識の豊富さに圧倒されています。小熊氏の「日本人の境界」等を読んだ時には、田舎の同窓とか先輩たちと奄美人の歴史について語ってみたいなーと思います。だが、誰と語るのかが問題です。私の知識は浅いのですが、それでも嫌味に取られる可能性もあるからです。喜山さんのプログでもっともっと愉しもうと思っています。健闘を祈っております。

投稿: 稲田寿郎 | 2010/01/03 22:57

稲田さま

ご丁寧にありがとうございます。
ぼくは島にいるわけではないので、せめてもと書物を追っているだけで、知っていることが多いわけでもないんです。

でもぼくもこの手の話題の話し相手には飢えております(苦笑)。お感じになることありましたら聞かせていただけると嬉しいです。

投稿: 喜山 | 2010/01/04 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/41652582

この記事へのトラックバック一覧です: 奄美にとって1609年とは何か:

» ふるさと納税のこと [WEBの情報缶!]
ふるさと納税とははてなより -- 主に地方税の一部を自分の出身地に納税できるようにする納税制度のこと。 地方自治体に寄附をおこなうと、翌年度に寄付分が住民税から控除される。 ブログから検索 市民病院とふるさと納税で、ふるさと納税についてのお知らせもでて...... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 06:01

« いらっしゃいませ! | トップページ | 仙台涼風 »