« 「消された薩摩の歴史から」 | トップページ | 「やんばるから奄美を視る」 »

2008/06/05

皆既日食をトカラと奄美の関係を深める機会に

 来年は?と聞かれれば、1609年から400年とすぐに連想してしまうのだけれど、そんな反応は少数で、奄美にとってはむしろ皆既日食の年なんだろう。

 奄美市:来年の皆既日食、実行委設立 受け入れ態勢やイベント開催を協議(毎日jp)

 奄美市(どうも耳慣れない。名瀬市と呼びたいものです)も実行委員会を設立、とあります。

日本では1963年の北海道以来、46年ぶりの皆既日食は、種子島南部からトカラ列島、奄美大島、喜界島が観測ポイント。

 外側を向けば、皆既日食は、「奄美」を伝えるいいめぐり合わせです。でもせっかくの機会。内側では、トカラと奄美の関係を深める契機になればいいと思う。

 2009年、奄美にとって大切な年ですね。




|

« 「消された薩摩の歴史から」 | トップページ | 「やんばるから奄美を視る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆既日食をトカラと奄美の関係を深める機会に:

« 「消された薩摩の歴史から」 | トップページ | 「やんばるから奄美を視る」 »