« 1609年との糸電話 | トップページ | 奄美にとって1609年とは何か »

2008/06/26

いらっしゃいませ!

 今日、とある出版社を尋ねると、
 なんと入口に、
 楽しい字が踊っているではないですか。

Welcome
















 びっくりして思わず、前を素通りしてしまった。
 でも確かにここが入口と分かり、中へ。

 で、楽しい話をさせてもらった。

 お会いするのはまだ二度目というのに、
 営業で行った場だったのに、
 こんな風に迎えていただき恐縮してしまった。

 いだうぁーちたばーり。

 声が聞こえてくるようだった。
 でもここは与論ではなく、東京のど真ん中。

 嬉しいですね。こんなこともあるんですね。

 ありがとうございますです。



|

« 1609年との糸電話 | トップページ | 奄美にとって1609年とは何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/41654898

この記事へのトラックバック一覧です: いらっしゃいませ!:

« 1609年との糸電話 | トップページ | 奄美にとって1609年とは何か »