« 「不易流行」 | トップページ | やんばる駅伝、与論は6位 »

2008/05/25

エラブな夜

 「日本島嶼学会」のイベントで前利さんが上京するとお聞きして、お会いさせもらった。新宿は「琉琴」にて。

 関心事が同じというのはすごいもので、先日、神戸の大橋さんにお会いしたときもそうだったけれど、初対面なのに会った次の瞬間には、その話題に入っていける。道州制になったらエラブもヨロンの人も鹿児島に付くんじゃないか最近大島は元気ないんじゃなないか鹿児島新報が無くなったのは残念薩摩侵略400年の来年はエラブでイベントをしようと思っている、などなど。日ごろの飢えを癒すように、話に聞き入りしゃべらせてももらった。

 気がつけば、宗さん持田さん、ぼく以外は顔なじみの常連の皆さんと輪が広がっていった。大島に大学が必要なんじゃないか奄美はひとつになったほうがいいいいやばらばらのままでいいエラブもひどい開発のされ方をしているエラブの紹介に困るときはヨロンの上というヨロンだって紹介に困るときは沖縄の上と言ったりします・・・。

 とても嬉しかったのは、宗さんが三線を弾きながら歌い、持田さんも声を添えて、沖永良部島の島唄を何曲も聞かせてもらったことだ。歌いっぷりは美事だし与論との親近感も沖永良部らしさも感じることができて、懐かしい想いに浸らせてもらった。

 与論と永良部は近いなぁけれど島はやっぱりそれぞれだなぁ、島はそれぞれだなぁでも与論と永良部は近いんだなぁ。そんなことをしみじみ感じた。そうして雨の新宿を後にしたのは、日付もとっくの前に変わった頃だったけれど、もっとお話したいなぁと思うことしきりだった。



|

« 「不易流行」 | トップページ | やんばる駅伝、与論は6位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エラブな夜:

« 「不易流行」 | トップページ | やんばる駅伝、与論は6位 »