« 『荒木栄の歌が聞こえる』 | トップページ | 「奄美経済の進むべき道」 »

2008/05/23

自立まだまだ?

 島唄まれまれ、ならぬ、自立まだまだ。

 奄美の自立「まだまだ」 広域組合が達成度調査

 奄美群島広域事務組合は、奄美の島々について、「分野別自立度評価調査」を整理。「全分野においてまだまだすべきことがある」と分析したという。

 島別に低いものとして挙げられているのは、

▽奄美大島 農業、循環型社会形成
▽喜界島 商工業、観光、空港
▽徳之島 下水道、林業、治山
▽沖永良部島 水産業、商工業
▽与論島 下水道、住宅

 これらの項目そのものは、島の切実さに照らして必要なもののように見える。けれど、何か苛立たしくも思えてくる。

 なぜだろう?と思ってみると、それは、「自立がまだまだ」という表現で言われているからだと思った。ここで言う「自立」とは何だろう。奄美は自立していない。そう言っているわけだ。サブタイトルには、「奄振延長の必要性訴え」とある。

 この辺り、もっと知りたい。



|

« 『荒木栄の歌が聞こえる』 | トップページ | 「奄美経済の進むべき道」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自立まだまだ?:

« 『荒木栄の歌が聞こえる』 | トップページ | 「奄美経済の進むべき道」 »