« 米の島間流通 | トップページ | 漂着・飢饉時の借米機構 »

2008/04/23

報道ステーションで与論島

 偶然て面白いですね。あんまーと電話で話しをしていたら、TVは与論島を映すじゃありませんか。

サンゴ再生プロジェクトに密着

世界中の海で今、白化現象によるサンゴの大量死が問題となっている。サンゴに栄養分を与える“褐虫藻(かっちゅうそう)”と呼ばれる藻類が、海水温の上昇によって放出。白い骨格がむき出しになり、その状態が長く続けばサンゴ自身が死んで瓦礫となってしまうのだ。サンゴは二酸化炭素を吸収する力を持つため、死滅していくことは地球温暖化への悪循環を引き起こすことになる。こうした現状を救おうと、鹿児島・奄美諸島の最南端に位置する与論島では、“電着技術”を用いたサンゴの再生プロジェクトが始まった!世界中で危機に瀕するサンゴを救う第一歩となるか!?(「報道ステーション」)

 ぼくは茶花小学校の校庭や子ども達の貌が何より懐かしかったし嬉しかったですが、あんまーは鉄工所の方を懐かしそうに話していました。

 「電着技術」がどのくらい有効なのか、ぼくにはさっぱり分かりませんが、フバマも登場して、それだけでも心和むシーンでした。

 与論は相変わらずきれいです。珊瑚再生の深刻な場面には違いありませんが、いい映像でした。



|

« 米の島間流通 | トップページ | 漂着・飢饉時の借米機構 »

コメント

そうなんですか・・・・。
見逃してしまいました。・・・残念。
でも、与論ってスゴイですね。
小さな島なのに、パワーがあります。
なんだか、元気がでてきました。

投稿: 山元 | 2008/04/24 15:14

山元さん

そうですよ、与論ですから。(^^)

ブログも読んでいます。がんばってください。

投稿: 喜山 | 2008/04/24 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道ステーションで与論島:

« 米の島間流通 | トップページ | 漂着・飢饉時の借米機構 »