« 亜熱帯と都市 | トップページ | 「アンモニア性窒素がサンゴの生育を妨げる」 »

2008/03/01

「ゆんぬ昔ばなし 島唄とともに」

 島では今夜、「ゆんぬ昔ばなし 島唄とともに」というイベントが開かれるんですね。
 しかも、フバマのある与論コーラルホテルで。

 ※「島唄コンサート」

 歌うは、中村瑞希。

 中村さんは、奄美大島笠利町出身で2003年の奄美民謡大賞を受賞している方なんですね。

「コーラスを入れたりしてもいいが、島唄の歌い方は崩したくない」
「自分で歌詞を作って歌ったこともある。でも、あまりうまくいかなかった。恋の歌などは自分の気持ちに置き換えてみる。時代と生活が違うから、島唄に込められた昔の人の苦しみは分からないけど」
「島にフランチャイズのファストフード店やコンビニは要らないと思う。島に生まれたからにはシマンチュ(島の人)でありたいし、その気持ちをなくしたくない」
「奄美に住み、仕事をしながら島唄を歌いたい」

 こんな発言が嬉しいです。

 ※第26回 島唄に思いを込めて

 よく見ると、おととし民謡日本一にもなってます。

 ※「中村瑞希さん!」

 ブログもありました。

 ※まりかみずきさんのブログ

 とまあ要するに、すごい活躍ぶりなのに、ぼくが知らなかったということなのですね。失礼しました。

 もうすぐ与論島では夜のイベントで、彼女の歌声がフバマの海にもこだまするのでしょう。奄美の島唄が与論島に響いて、奄美のつながりが深まるのは嬉しいことです。

 みなさん楽しんでくださいね。ぼくは宴に想いを馳せることにします。

 いいなぁ。(^^)




|

« 亜熱帯と都市 | トップページ | 「アンモニア性窒素がサンゴの生育を妨げる」 »

コメント

ブログへのリンクありがとうございました。

これからも、自分の視点から見て感じた
与論島での日常をアップしていきますので
気が向いた時には、訪ねて来て下さいね!

尊加那志

投稿: 江戸っ子マサ | 2008/03/02 20:39

江戸っ子マサさん

コメントありがとうございます。
いつでも与論の日常を感じていたいので、ブログの更新、楽しみにしています。

投稿: 喜山 | 2008/03/03 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆんぬ昔ばなし 島唄とともに」:

« 亜熱帯と都市 | トップページ | 「アンモニア性窒素がサンゴの生育を妨げる」 »