« マチャン | トップページ | 奄美のきび酢、増産 »

2008/02/04

「ゆいまーるに基づく自治の道」

 奄美と沖縄の共通の土俵で語る問題意識に親近感があって、松島さんの『NPO法人ゆいまーる琉球の自治』をよく見ている。

 今日の「『奄美』とは何か」も、遠慮なく核心をついた記事だ。

奄振や沖振はともに失敗したのであり、琉球人は開発に期待してきた自らの過ちを反省し、「国に依存した経済自立策」を拒否して、固有の文化や自然という地域の宝を活かしながら互いに協力していく、ゆいわく、ゆいまーるに基づく自治の道を歩む時期にきていると考える。

 この立言は、状況に杭を打ち込むように、強い。そうではないだろうか。



|

« マチャン | トップページ | 奄美のきび酢、増産 »

コメント

 クオリアさん

 まさに、夕張、軍艦島然りであり、それ以上に
陸の孤島然りである日本の現状かと思われます
北海道の叶の一本道の何?倍の道路の凄さなのか、
不思議な光景も唖然に近い思いですから

 日本列島の四季を通しての陸路は難儀なものです
春三月、四月でも雪で動けなくなります
山の上を走る中国自動車道でも然り。奄振や沖振が
成功か失敗ではなく、その結果として現在があるの
ですから、揶揄したりせずに今を、明日を語ること
が大切に思えます

 これ以上のこと、先のことは私には分かりません

投稿: サッちゃん | 2008/02/05 00:36

なんたるちやー。

でも
    さんたるちあー・・。

 未来創造・・・、
夢語り日と。

  変換マチ害。
    まちゃん。

投稿: わらび | 2008/02/05 06:33

>サッちゃんさん

地域格差と言われますが、東京も各地でシャッター商店街です。大なる組織と小なる組織の差のようにも見えます。琉球弧の外との交流、呼吸運動が活路を生む気がします。

>わらびさん

やっぱり、お二人の掛け合いをお聞きしたいですね。

投稿: 喜山 | 2008/02/05 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆいまーるに基づく自治の道」:

« マチャン | トップページ | 奄美のきび酢、増産 »