« 『エラブの海』-奄美アマルガムのエロス化 | トップページ | 沖永良部学の伊波普猷賞 »

2008/02/17

『めがね』がザルツゲーバー賞

 盛窪さんの「チヌマンダイ」で、『めがね』がベルリン映画祭で賞を受賞したことを知って、慌ててニュースを見てみたら、ザルツゲーバー賞、なのであった。

 ※ 『めがね』にザルツゲーバー賞 ベルリン映画祭パノラマ部門

 でも、そのザルツゲーバー賞って何?だが、ニュース報道によると、

「既存の概念にとらわれない芸術表現をした」

 とのこと。それは分かる。なにしろ、眠ってもらって成功の作品だから。(^^;)

 記事によると、「とても難しい色調をどうすれば、あのように美しく表現できるのか」なんて、コメントされているから、「既存の概念にとらわれない芸術表現」という意味は、このことかもしれない。

 それなら答えは簡単、「舞台のおかげです」と言えばいい。(^^;)?
 
 たしかに、曇り空の寺崎の浜辺と海は、柔らかな白を基調に広がっていて、独特な色の世界を展開している。浜辺と海の色彩美がもしかしたら評価されたのかもしれない。

ヨーロッパ各国をはじめイスラエルなど20カ国以上から海外配給に関する問い合わせがきている

 というから、与論島は、世界のたそがれ族の集結地になるかもですね。

 荻上監督、おめでとうございます。




|

« 『エラブの海』-奄美アマルガムのエロス化 | トップページ | 沖永良部学の伊波普猷賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『めがね』がザルツゲーバー賞:

« 『エラブの海』-奄美アマルガムのエロス化 | トップページ | 沖永良部学の伊波普猷賞 »