« エラブの海 | トップページ | 『めがね』は島尾敏雄エッセイの映画化!? »

2008/01/15

ドゥダンミン3!

 盛窪さんの「チヌマンダイ」で紹介されていたのを見て、読みたくてたまらなかったのだが、お袋経由で送ってもらったのが、今日、届いていた。

 「ドゥダンミン3」である。

 もうすっかり、インディアナ・ジョーンズのようにシリーズものの楽しみになっている。
 また、トラ男の冒険が読めるのか、と。

Dudanmin3












 ところで、嬉しさを省みると、与論のことにやっぱり飢えてるんだなと思う。この“飢え”は、強がり半分で言えば、与論に行けば満たされるというのと少し違う。

 形になって触れることができるものになって、初めて満たされる飢えだ。祭りなら参加すればいいし、風習ならその習俗の内側にいれば満たされる。でも、いまそれが無いなら、作品を通じて感得するほかない。

 だから、とぼくは思う。盛窪さんはじめ書ける方、作品にできる方にはぜひ、与論を語って描いてほしい。そんな願望も同時に湧き上がるのだ。

 さて、しばし、『ドゥダンミン3』の愉楽に浸らせてもらおう。

 おいおい感想も書いていきます。とおとぅがなし、竹下先生。


|

« エラブの海 | トップページ | 『めがね』は島尾敏雄エッセイの映画化!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/17707559

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥダンミン3!:

« エラブの海 | トップページ | 『めがね』は島尾敏雄エッセイの映画化!? »