« 『困ったときに見るeメールの書き方Q&A100』 | トップページ | ダイナマイト漁と毒物漁 »

2008/01/24

島への想いが果たした復刻

 つい最近ニュース報道にもなった『エラブの海』のDVD化は、沖永良部島出身者の企画よるものだそうだ。

 ※ 本土復帰直後の奄美が舞台、映画「エラブの海」をDVD化

 記事によれば、

復刻にあたったイベント会社社長、喜原弥穂(みほ)子さん(53)(東京都三鷹市)は映画の舞台となった沖永良部島出身。「手つかずの自然や伝統行事など、本土とは違う『昭和30年代』を後世に伝えたい」との夢を実現した。

 どうして今頃、DVD化ができたのか? そこにはやはり島への想いが背景にあったのこだ。この、企画と実現に、ぼくは心動かされるし、とても励まされる。想う力は強い。想う力で、沖永良部島は島の資産をひとつ増やしたのだから。それは島づくりの確実な一歩だ。

 それにしても、エラブの方には、真面目さと勤勉さを感じます。流石です。



|

« 『困ったときに見るeメールの書き方Q&A100』 | トップページ | ダイナマイト漁と毒物漁 »

コメント

なんとmixiに「エラブの海」コミュ(登録19人)がありました。

今日から発売&レンタル開始のようですね。

沖縄のポータルサイトの紹介記事もありました。
http://ryuqspecial.ti-da.net/

投稿: sarah | 2008/01/25 16:15

sarahさん

やっぱりそれだけ魅力があるんですね。
「海」の価値を見直す機会になるといいですね。

投稿: 喜山 | 2008/01/26 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島への想いが果たした復刻:

« 『困ったときに見るeメールの書き方Q&A100』 | トップページ | ダイナマイト漁と毒物漁 »