« 神聖なお酒 | トップページ | 『南島雑話』の奄美 »

2008/01/04

海賊!

 海賊!楽しい壁画。

Yoronpirate_3















 これはどこ?
 他ならぬ与論。
 でも、こんな絵、どこにあるんだろう?

 どこだろう?
 見つけたら教えてほしい。
 でも、どこってことより、こんな壁画が与論にあるのが嬉しい。



|

« 神聖なお酒 | トップページ | 『南島雑話』の奄美 »

コメント

 クオリアさん

 ここはどこ?いやーん!
ここは カリブ海ですよ

 De‐o デーオ till I come on wana go home
ワーナサンド ワーナサンド

 ユンヌの ヒッヒマイマイ・・・籾摺り唄と同じです
カリブ海の海賊船が ユンヌの島に現れたということは・・
がしが、ピューマシ(マシャル)ムヌデールヤ
ヌガティボ ミジラシャル ムヌデール!や むりくぶサン

 その船、与論の島のどこにいるのでしょうか?

投稿: サッちゃん | 2008/01/05 00:44

サッちゃんさん。

盛窪さんは、早くも見つけたそうです。
「神聖なお酒」で教えてくれいます。
ご覧になってください。

ミジラショー。

投稿: 喜山 | 2008/01/05 21:46

 クオリアさん

 いつでしたか、樹の上の家で遊んだ子どもの
頃の話をきいたような覚えがありますね

 聞いたのか、見たのか、読んだのか・・・?
シナハ、シナパの浜の近くですよね
ウワーチ、ウワーデラの先の北の浜に下りると、
海(水?)族館がありましたが・・・もう30
年以上の前の話でしょうかね

 その辺りに、東南アジア風の樹上の家があり
地中海やカリブ海をかって席巻していた海賊船
の遺跡があるということは、もしかして与論島
は世界の中心地ではなかったのか・・・と思っ
たところで、シーバイシチャサヌナティ ウイ
タクター イミデータイヤ

 はまんたを被せようが、今の若者たちはかぶ
ったままで重宝して歩くでしょうね

 ムールユカショウガツエービュタシ
ユカタン ユカタン半島デール

 ハリー・ベラフォンテのデーオ・デーオの声
はデーバ・デーバと唄ったものです
カンミスタ タリマン タリミ・バナーナ・・
ガンティドゥ ユマリュイ タンディ バナーナ

 『バナナを食べたい バナナをくれ!』と唄う
そんな時代もありましたが、音楽的に驚いたのは
サンシヌはなかった時代でしょうか。杵をついて
モミを摺りこぐ時のユンヌの昔唄に、そのリズム
やメロディーがあまりにも似ていたことでした。

 それが、与論の人たちが難儀したヤンチョイの
掛け声となって、口之津で沖の船に荷積する仲士
仕事を励まして支えたのではと思っています

 ハリケーンで破壊されたニュオリーンズの町の
人たちが、いつになったら親先祖の築いたソウル
の歴史を取り戻せるのか、カリブ海にアフリカの
大陸から新天地を求め住んだ人々の幸多きことを
サッちゃんは祈っています

 海賊船をみて、鎮西八郎だけでなく、安麻和利
や護佐丸や、はたまたキャプテン・クックまでも
このユンヌの島に・・・もしかして、その末裔が
住んでいるのではないのかと、初夢の続きを妄想
してしまいました

 いやはや、ユンヌの昔話に興味があり過ぎます
ガシよ、ウリデール、ウリウリよ・・・

ムールガ いいお年でありますよう祈っています

投稿: サッちゃん | 2008/01/06 20:53

サッちゃんさん。

記事本文よりよっぽどミジラシャル、コメント、ありがとうございます。

そうだ。ウレーや、ブログ、書きませんか?
読みたいです。(^^)

投稿: 喜山 | 2008/01/07 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/17577224

この記事へのトラックバック一覧です: 海賊!:

« 神聖なお酒 | トップページ | 『南島雑話』の奄美 »