« 琉球への接近 2007 | トップページ | 奄美への接近 2007 »

2007/12/29

念願の『奄美の家』

 ゆうべ、幼なじみ以上の幼なじみのヤカと、念願の「奄美の家」に行った。
 これまで、何度も満席を言われて、近場の空いている?沖縄料理屋に行ってきた。だから、“念願の”なのであった。

Amamiyeah_3

















 ヤカとのムヌガッタイが楽しいのはもちろんだけれど、隣の席のご夫婦も与論に何度か行ったことがあり、16年程前、汐見荘に泊まってダイビングをしていたと知って、話が弾んだ。酒店の話もあり、あるとき、宴席に招いてもらったそうだが、よく聞くと、どうも、ヤカの家でやったらしいことが分かり、これまた大笑いだった。いまは奄美大島で潜ることが多いそうなのだが、また与論にも来てほしものだ。

 その向こうの席の方は徳之島出身だったが、若い頃、与論にはディスコがあるというので、勇んで行った。楽しんだまではよかったが、帰りのお金が乏しくなった。沖永良部までは渡ったが、徳之島まで行けない。そこで友人を頼ったら、警察に連れていかれ、そこでお金を貸してもらったそうだ。愉快な奄美物語が楽しい。

 「奄美の家」は、ふつう「奄美」というと、奄美大島のことを指すけれど、ここは、奄美大島も徳之島も与論島も、奄美の島々を平等に扱ってくれているのが分かって、とても居心地がよかった。繁盛するはずである。

 「奄美の家日記」のブログもいい。まず、URLがいいよね。amamino-yeah ですぜ。「よろんの里」の店長にも、これやらなきゃってけしかけたいと思っている。

 年の瀬に、いい笑いと美味しい黒糖焼酎と料理をいただきました。ありがとうございます。



|

« 琉球への接近 2007 | トップページ | 奄美への接近 2007 »

コメント

 クオリアさん

 汐見荘も昔のディスコもよく存じています
金送れなのか、金を呉れなのか、金を貸してなのか

ところで、「貸して下さい」は「ファーチタバーリ」
と話しているユンヌフトゥバの語源を考えられたことが
ありますか
 
 ユンヌの親先祖の懐の深さは、只者ではないですね

投稿: サッちゃん | 2007/12/30 00:57

サッちゃんさん

思い及んだことがありません。
「貸して」の音韻変化でも成り立ちそうですが、わかりません。ハタティタバーリ。

投稿: 喜山 | 2007/12/30 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/17510895

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の『奄美の家』:

« 琉球への接近 2007 | トップページ | 奄美への接近 2007 »