« 「アイランダー2007」見聞 | トップページ | 「島じゃ常識」 »

2007/11/24

与論砂浜三十景 34 ハニク

茶花に来ればイチョーキ長浜が撮れる。
そんな期待で、砂浜めぐりは終盤を迎えたのだが、
イチョーキは、ウフガネク(大金久)ほど長くはなく、
茶花の湾岸にはさまざまな砂浜名がついていた。

盛窪さんにいただいた砂浜地名によれば、
イチョーキの部分は、人工海浜に当たる個所だった。

人工海浜は、さすがに撮る気がしない。
残念だが、砂浜シリーズのなかにイチョーキを入れられなかった。

写真に収めたのは、ハニクだ。

Haniku



















豊かな礁湖(イノー)を受ける砂浜が
ゆったりと続いている。

一日半をかけて、後半はこれ以上を望めない
盛窪ガイドさんの案内に助けられて、
砂浜めぐりを終えることができた。

与論はひろい。
「海は広いな大きいな」、
同じように、
与論は広いな大きいな。
そんな実感が、白砂にさざ波が消え入るように、
身体に染みていった。



|

« 「アイランダー2007」見聞 | トップページ | 「島じゃ常識」 »

コメント

美しい映像です。

   いつも ありがとう。

投稿: awamorikubo | 2007/11/25 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/16962105

この記事へのトラックバック一覧です: 与論砂浜三十景 34 ハニク:

« 「アイランダー2007」見聞 | トップページ | 「島じゃ常識」 »