« 貝の道 | トップページ | 喜界島・奄美大島勢力圏 »

2007/10/14

オオゴマダラとの再会

「チヌマンダイ」の盛窪さんが、
オオゴマダラの羽化を記録している。

  「蝶・オオゴマダラの再生記録(羽化)」

今回の帰島の際、見せていただいたので、
ぼくも、オオゴマダラに再会することができた。
何年ぶりだったろうか。

Oogomadara















Sanagi















見よ、洗濯干しだって、オオゴマダラを助ける。

ワリバマでは、オオゴマダラの食草になる
ホウライカガミ(蓬莱鏡)を教えてもらった。

Houraikagami















盛窪さんの努力が実を結ぶよう、応援したい。
そしてそう遠くない日に、
与論産のオオゴマダラと森で出会いたいものだ。
昔、よくそうしたように。

 ※「たゆたうオオゴマダラ」
  「癒しの場としての南島」

 ○ ○ ○

盛窪さんのケアはオオゴマダラに向けられているけれど、
それは結局、与論島へのケアなのだ。

与論島ケア。

与論島ケアが与論の魅力を維持し高めることは言うまでもない。



|

« 貝の道 | トップページ | 喜界島・奄美大島勢力圏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオゴマダラとの再会:

« 貝の道 | トップページ | 喜界島・奄美大島勢力圏 »