« 歴史は頭上を過ぎる。洋上だけでなく。 | トップページ | 「なにもないが、ある」-『めがね』を真っ芯で »

2007/10/11

本当に必要なものは、実はあんまりない

またまた、「奄美の島々の楽しみ方」の山川さんに、
『めがね』掲載の雑誌を教えてもらった。

 「エココロ」

みなさん、いい笑顔です。

Megane1011














小林聡美さんコメント。

  「そうですね。1カ月のロケなので、本とかDVDとかたくさん持って
  行ったんですけど、一切見る気分にはならなかったです(笑)。
  映画の中でも、市川さんの役のハルナに
  『ここじゃ本なんて読めないでしょ』って言われるんですけど、
  その通りで(笑)」

共感しますね。

ぼくも持っていく本は、いつにもまして睡眠誘発剤になるし、
仕事柄、パソコンを持っていってメールするのですが、
すべて文字化けに見えてしまいますから。

もたいまさこさんコメント。

  「そうか、そうだよな、そんな荷物、早く捨てればいいのにって。
  でも実際、与論島(今回のロケ地)に行ってみて思ったのは、
  本当に必要なものは、実はあんまりないんだなってことでした。
  映像そのままのとてもきれいなところでしたけど、
  なんにもないところなんですよ。気持ちいいくらい。
  だから、ない中で、工夫して食べたり飲んだり、
  あたり前の生活を楽しむんですね」

「本当に必要なものは、実はあんまりない」。
この気づきを与論島が与えてくれるとしたら、
それは素敵なことですね。



|

« 歴史は頭上を過ぎる。洋上だけでなく。 | トップページ | 「なにもないが、ある」-『めがね』を真っ芯で »

コメント

もたいまさこさんのコメント
> ない中で、工夫して食べたり飲んだり、
  あたり前の生活を楽しむんですね

奥深いな〜と唸りました。

いろんなところで出演者のコメントを読んでいると、
みなさん、与論と深いところで共鳴してるんだなと感じます。
だからはやく見に行きたい! なんですが、
これを見たら仕事が手につかなくなりそうで。。。

投稿: sarah | 2007/10/12 21:34

sarahさん

ええ、仕事復帰に要時間のこと、請け合いです。(^^)
でも、ぜひ映画館でご覧になってください。
そのほうが、満喫できると思います。

投稿: 喜山 | 2007/10/13 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当に必要なものは、実はあんまりない:

« 歴史は頭上を過ぎる。洋上だけでなく。 | トップページ | 「なにもないが、ある」-『めがね』を真っ芯で »