« トライアルは「海」、リピートは「人」 | トップページ | 「てるしの」の島、註2 »

2007/09/30

「太陽」と「白」

柳田國男の「稲の産屋」を読んでいたら、
こう書いてあってびっくりした。

  そこで立戻ってもう二度、何故に琉球列島の一部に、
  稲の蔵置場と人間の産屋とを、ともにシラと呼ぶ言葉が、
  残り伝わっているのかを考えてみたい。
  容易には国語の先生の同意を得られぬ一説と思うが、
  自分などは是をDR二つの子音の通融、
  と言おうよりもむしろダ行がかつてはもっとラ行に近かった
  時代の名残ではないかと思っている。
  一つの類例は太陽をテダ、是は照るものというより他の解は有り得ない。
  沖縄ではすべての行為の主体を、
  A母音一つをもって表示する習わしがある故に、
  生むものまたは育つものを、
  シダすなわちシラと謂って通じたのかと思う。

ぼくたちは少し前、池田さんの『無学日記』を頼りに、
ダ行とラ行は、相互変化するのではないかと考えてみた。

  「デューティ <d → r ?>」


柳田の考察を見ると、根拠は分らないが、
「ダ行がかつてはもっとラ行に近かった時代」があると想定している。
柳田は、琉球弧をめぐった時に、そんな例を耳にしたのだろうか。

そして、ティダをティラと同じとして、
「照るもの」という理解を導いている。

ところでこれは、最近もうひとつ引用した、
村山七郎の考察とも符号しているように見える。

  言語学者の村山七郎は、ジャワ語 sila[光線]、
  フィージ語 zila[(天体が)輝く]、サモア語 u|ila(「いなづま)」
  に対応させるように、南島の祖語として*t'ilak(「光線」)を導いている。
  この、*t'ilak(「光線」)は、ティラでありティダ(太陽)へと
  つながっていく。
  (「百分間の帰省-映画『めがね』メモ」

  村山は、ティラ-ティダを祖語として、
  それが、「白」につながることを言い、
  「白」について、「輝かしいこと、ひかり輝くこと、光」
  という意味を想定している。
  (「赤と白-赤碕と寺崎」
 

強引かもしれないが、系譜をたどってみる。

 ティラック?(*t'ilak) 
  | 
 ティラ
  | \
 シラ ティダ
  |  |
  白  太陽

ダ行とラ行は相互変化する。
このことが、「太陽」と「白」を結び付けているようだ。

何か、とても面白い点と線を辿っている気がする。



|

« トライアルは「海」、リピートは「人」 | トップページ | 「てるしの」の島、註2 »

コメント


syouki

   すいせんさいています。


     少し
  大人になれたでしょか。

     まゆみ  が
             かわいくみえます。

                 もっと 

   書きたい   与論島。
           

       リアルタイム。
                  

投稿: awamorikubo | 2007/09/30 22:15

初めまして。以前からちょこちょこ拝見して、加計呂麻・波照間のお話などとっても興味深く思っていましたし、他の奄美の地名についての由来も大変勉強になりました。今日のティラ→白・太陽も非常に面白かったです。このような地名の由来や語源めぐりは、ロマンがありますね。

投稿: FORTUNE | 2007/09/30 22:24

 クオリアさん

 ティダは、てぃだですが
ユンヌの産屋  ジューですよね

 暗いウスムトゥ(薄元)の暗がりの場所なのに
そこだけが暖かい 産土の間ですから

 ユンヌンチュは 無知無学ではないと思います
学者ではなくても 暮らしの智慧はすごいことですね

投稿: サッちゃん | 2007/09/30 23:21

そう

  ジューぬめー

  よく  ご存知ですこと。


        尊敬しちゃいます。

     飲んでなんかいられませんね。

         勉強しなくては。

投稿: awamorikubo | 2007/10/01 04:35

FORTUNEさん、コメントありがとうございます。

ええ、地名にはロマンがあります。
その分いつでもああ勘違いの罠も隣りあわせで、
気をつけなきゃなぁと思ってます。
結構、恥ずかしい間違いもしてますしね。

FORTUNEさんのブログも読みます。
ミキ、はまったんですね。(^^)

投稿: 喜山 | 2007/10/01 21:40

サッちゃんさん、awamorikuboさん。

暮らしの知恵が言葉に封じ込められているようで、
それが分かると、嬉しくなります。

ユンヌンチュの奥深さ、言葉にしていきたいです。

盛窪さんの日記にとても期待しています。

投稿: 喜山 | 2007/10/01 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「太陽」と「白」:

« トライアルは「海」、リピートは「人」 | トップページ | 「てるしの」の島、註2 »