« 百分間の帰省-映画『めがね』メモ | トップページ | 「なみだ」と「みなだ」 語音の倒位 »

2007/09/23

赤と白-赤碕と寺崎

白に映えた寺崎の話を続けてみる。

 言語学者の村山七郎は、ジャワ語 sila[光線]、
 フィージ語 zila[(天体が)輝く]、サモア語 u|ila(「いなづま)」
 に対応させるように、南島の祖語として*t'ilak(「光線」)を導いている。

この考察に際して、村山は、ティラ-ティダを祖語として、
それが、「白」につながることを言い、
「白」について、「輝かしいこと、ひかり輝くこと、光」
という意味を想定している。

もし、そうだとしたら、寺崎とは、語源は「太陽の崎」になるが、
時代がくだると、「白い崎」の意味をなしたのかもしれなかった。
ぼくたちはここから、陽が射し真っ白に輝く砂浜や打ち寄せる波を
思い浮かべるかもしれない。

この「白い崎」はしかし、もうひとつの崎を連想させずにおかない。
そう、それは「赤い崎」、赤碕のことだ。

この、白い崎と赤い崎の色の取り合わせがひときわ関心を惹くのは、
与論島において、赤碕が最初に開発祖神が上陸した地点と言われ、
寺崎はそれに続く地点と呼ばれ、両者は島のウガンのなかで
重要な役割を担っているとみなされているからだ。

ぼくたちは同時に、赤崎の「赤」が、霊的な意味と始まりの意味の
両義性を持っていることを確認してもいい。

いま、こうして、「赤」と「白」の対比で考えたとき、
東海岸に位置する赤崎は、
まさに陽が昇り、アーシカマ(早朝)に空を赤く染める場所であり、
北海岸に位置する寺崎は、
陽が頭上にあり、浜と海も白に光り輝く場所に当たっている。

それが、赤と白の地名として根づいたとしたら、
この二地点が重要視される根拠に付随する属性を
目の当たりにしているのかもしれない。

このアイデアはさらに掘り下げる必要があるけれど、
さしあたって、「赤」と「白」の対照として、
赤崎と寺崎を捉える視点を提示しておきたい。

 ※「始まりの赤、終わりの青」



|

« 百分間の帰省-映画『めがね』メモ | トップページ | 「なみだ」と「みなだ」 語音の倒位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/16536181

この記事へのトラックバック一覧です: 赤と白-赤碕と寺崎:

« 百分間の帰省-映画『めがね』メモ | トップページ | 「なみだ」と「みなだ」 語音の倒位 »