« 新世代の息吹き | トップページ | 始まりの赤、終わりの青 »

2007/09/16

まともさと清潔さとユーモアと

映画『めがね』を観るのに、これを観ないわけにいかないだろう、
ということで、前作『かもめ食堂』を観た。

 ※『かもめ食堂』

映画が進むにつれて、やってくるのは、
まともさ、清潔さ、ユーモアだった。

いい作品だ。でも、いつものように、それならなぜ、どのように、
心を動かされたのか、そうした説明を、
いまは少し免除させてもらおうかなんて、
そんな気持ちになるのだった。

そのくせ、この作品を観たらその足で、
次は与論島を舞台に映画を撮ってください、と、
そう荻上監督にお願いしたくなるような感じだ。


そういえば、エンドロールで流れる井上陽水の「クレイジーラブ」は、
一見、不似合いな気もするが、とても効いていた。なぜだろう。

ま、今回は、それも深入りせずにいたい気がする。


まともであることはとても大事で、
その動かなさ、変わらなさが、ときに人を救う。
それは地軸のように、それがあるから、
回転していられるというようなものだ。

ぼくも、糸の切れた凧のように飛んでいってしまうきらいがある。
まともさは、とてもありがたいのだ。


追記
映画『かもめ食堂』のまともで清潔でユーモアのある世界観は、
公式サイトにも、素直に反映されていました。

  『かもめ食堂』オフィシャルタイト




|

« 新世代の息吹き | トップページ | 始まりの赤、終わりの青 »

コメント

クオリアさん

 がしがよ

 ユンヌンチュナマジラヤ ションヌムイナガ アイクトゥヨウ

 "Silence is truth"

 ユンヌヌピチュンチャーヤ ウトゥルシムンデール

 ワナ ガンチムイシガ イチャーゲーラヤ

投稿: サッちゃん | 2007/09/16 20:40

サッちゃんさん。

ぼくはには洞察を言う蓄積はなく教えていただく一方です。
そうなんだなあと思って読んでおりました。

でも、確かに、盛窪さんもユーモアの中に真実を語られますね。

ゆんぬんちゅ像、ぼくもしっかり掴んでいきたいです。

投稿: 喜山 | 2007/09/17 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まともさと清潔さとユーモアと:

« 新世代の息吹き | トップページ | 始まりの赤、終わりの青 »