« ジャンプ! | トップページ | 写真作家デビュー »

2007/09/07

津堅地名考6 グディは「崖」か

ぼくたちは音の可能性を頼りに、
グディキン(gudikin)という語を復元し、
そこから、チキンをはじめとする地名のバリエーションを想定してきた。

では、グディ(gudi)は何を意味するだろうか。
というより、グシの「崖」という解釈をもともと手がかりにしてきたが、
「グディ(gudi)」は、「崖」の語源たりうるだろうか。

まず、アイヌ語の「崖」である「ピら(pira)」は、
琉球弧のなかでも「ピら(pira)」が語源と思われる地名を
散見するけれど、「グディ(gudi)」は、
どう転んでも「ピら(pira)」にはつながりそうにない。

 pira ピら
 【H】がけ;土がくずれて地肌のあらわれている崖。
 (『地名アイヌ語小辞典』知里真志保)

「グディ(gudi)」が、荒唐無稽な言葉ではなく、
「崖」に結びつく可能性はあるだろうか。

たとえば、奄美の方言で、「崖の崩れているところ」を指した
「クズぃルぃ」という語が紹介されている。

 「クズぃルぃ」 

 アマ ヌ クズィルィー アム ヌ フルバ アブネサット。
 あそこ の 崖は 雨 が 降ると 危ないよ。

Webの表記通りには書けていないのだが、
「クズ」で「崖」の意味も含意させているのが面白い。

この、(崩れる~崖)としての「クズ」であれば、対応できると思える。

gudi

↓「グ」が五母音化して「ク」
 「ディ」の転訛で「ジ→ズ」
kuzu

と、「グディ」の「クズ」への変化は想定することができるからだ。

ぼくたちはひとまず、「グディ(gudi)」を「崖」の意味であると考えよう。

 ※「津堅地名考1 チキンとは何か」
  「津堅地名考2 手がかりとしてのウティキン」
  「津堅地名考3 キンは山」
  「津堅地名考4 グシは崖」
  「津堅地名考5 グディキン(gudikin)」



|

« ジャンプ! | トップページ | 写真作家デビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/16278401

この記事へのトラックバック一覧です: 津堅地名考6 グディは「崖」か:

« ジャンプ! | トップページ | 写真作家デビュー »