« 与論が与論であるために | トップページ | 「めがね」のTVCM »

2007/09/10

津堅地名考9 「グスク」の可能性

ここでとどめておくべきかもしれないが、
もうひとつだけ、可能性を提示しておきたい。

琉球弧にとって大事なキーワード、
「グスク(gusuku)」についてだ。

「グディキン(gudikin)」と「グスク(gusuku)」には
つながりがあるのではないだろうか。

もっと言えば、「グスク(gusuku)」の由来を
「グディキン(gudikin)」に求めることができるかもしれない。

というのも音韻変化としては、「久高(kudaka)」と同じように、
「グディキン(gudikin)」から「グスク(gusuku)」への変遷を
辿ってみることができる。

gudikin

↓「ディ」の転訛で「ジ」

guzikin

↓「ジ」の清音化で「シ」

gusikin

↓「i」の「u」への転訛。
 「n」の脱音
gusiku


こうして、「グディキン」は、「グシク」となる。

「グシク」か「グスク」かという議論もあるが、
サ行内での変化で、訛りの範囲で両方ありえるので、
どちらと言ってもいいことだ。

むしろ、この音韻変化の想定で、いちばん危ういのは、
語尾の「n」が脱音することはありえるかということだ。

語頭が「N」音化する例が、琉球の方言のなかで、
「んかし(昔)」 のように、しばしば見受けられる。
そして、この果てに、
「n」の無声音化による脱落を想定するこもできる。

しかし、語尾の「n」音が脱落することはあるのか、
いま確かなことを言うことができない。
これは、今後の課題としたい。


「崖のある山」として「グスク」を解することはありえる気がする。
また、起点を「グディキン(gudikin)」とせず、
「グディキ(gudiki)」と置くことで、
「グスク(gusuku)」への変化をスムーズにすることも考えられるが、
準備不足の段階で深入りはすまいと思う。

可能性あるアイデアとして提示しておきたい。

 ○ ○ ○

「チキン」を解読しようとして行き着いたのは、
それが「崖のある(生活圏としての)山」という意味を持つということだ。
しかし、その意味は津堅だけでなく、
具志堅、久手堅、宇堅、宇検、そして久高も
同じ意味ではないかという広がりが同時に得られたのだった。

地名の由来は、地名の数ほどにあるわけではない。
むしろ、偶然と発音の自由度の幅のなかで、
音と文字の落ち着いた先に、それぞれの地名を名づけた島人の
個性や環境を見ることができるのかもしれない。

地名は奥深く、興味が尽きない。

ぼくたちはこうして、初期琉球弧の島人との対話の幅を
増やしているのではなだろうか。


 ※「津堅地名考1 チキンとは何か」
  「津堅地名考2 手がかりとしてのウティキン」
  「津堅地名考3 キンは山」
  「津堅地名考4 グシは崖」
  「津堅地名考5 グディキン(gudikin)」
  「津堅地名考6 グディは『崖』か」
  「津堅地名考7 津堅=久高」
  「津堅地名考8 久高島の由来」


|

« 与論が与論であるために | トップページ | 「めがね」のTVCM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/16278442

この記事へのトラックバック一覧です: 津堅地名考9 「グスク」の可能性:

« 与論が与論であるために | トップページ | 「めがね」のTVCM »